【Influx塾】再生可能エネルギーの種類を知りたい

「再生可能エネルギーってどんな種類があるの?」
「太陽光発電のメリットやデメリットが知りたい」
「Influx星野敦社長の実績が知りたい」

現在の世界は、非常に便利になっています。
便利になることにより、時間が短縮できるだけでなく、無駄に人間が動かないようになったため、非常に楽をして生活ができるわけです。
ところが、その反面いくつかの問題が浮き彫りになっていることを知っている人も多いでしょう。
例えば、電気と言うのは昔はランプなどを使っていましたが、スイッチを1つ押すだけで電気がつき火災の心配もまずありません。

参考リンク
Influx星野敦評判
【一覧表】再生可能エネルギーの種類と特徴を解説

Influx星野敦社長から見た天然ガスや石炭

このように便利になる一方で、その電気を起こしている原材料となっているのが天然ガスと呼ばれるものや石炭になります。
この石炭や天然ガスと言うのは、雪でも地下資源を利用していますので、いつかはなくなってしまうことが想定できます。
現在のところ、どの段階でなくなるかは明確ではありませんが、自然に取れるものはいつかは尽きると言う考え方を貫いていくと、結果的に天然ガスなどはいずれなくなるかもしれません。
あるいは、自動車動かすときのガソリンやストーブなどに使う灯油などもやはり石油が元になっていますが、これらも天然資源になりますので、やがてなくなることが容易に想定できるでしょう。
なくなり始めてから焦って対策を練っても少し遅いですので、すでに地球上では多くの科学者が頭を使い太陽光発電を考えだしています。
そのうちの1つが、太陽光発電になるわけですが、この太陽光発電は最も普及したと言われている再生可能エネルギーの1つかもしれません。
太陽の光を使って、その光から電気を家庭内で使うようにします。
そうすると、今まで天然ガスや石炭などを使って電気を発電していた状態を、少し変化させていくことができるわけです。

福島の復興事業を手掛けるアトックス

すべての家庭に義務化すると言う話もある

それまで以上に石炭や天然ガスを使うことがなくなり、地球環境には良くなったといえます。
この設置がどこまで行われるかは明確ではありませんが、すべての家庭に義務化すると言う話もありますが、これは業者との癒着の可能性もあるため、あまり推進できる話ではないでしょう。
義務化しなく現在の状態であっても、そのメリットを広く伝えることができれば今以上に太陽光発電を教える家庭も多くなってきます。
最近では会社単位で太陽光の発電をしているところもあり、かなり広大な土地に太陽光パネルが数千枚並んでいるところなどを見かけたことがある人がいるかもしれません。
田舎であれば、そのような豪快なことをしても特に問題ありませんが人が住んでいるようなところであれば、間違いなくクレームがつくところですのでこの辺の場所選びがとても大事になります。

太陽光発電のメリット

太陽光発電を設置するかどうかは、それぞれメリットとデメリットの両方から比較することが大事です。
メリットをいくつか挙げて行くとすれば、十数年もするうちに、コストを回収できることです。
また、停電等が生じた場合でも、電気を供給することができるため冷蔵庫や電子レンジあるいはガスなども今まで通り使うことができます。
IHクッキングヒーターなどを使っている家庭であっても、そのような仕組みを採用すれば停電が起きても特に問題はありません。
ちなみに、ガスコンロの場合でも電気が通っていなければ火を起こすことができないケースもありますので、電気自体は非常に重要なものであることが理解できます。

牛の糞を利用した発電

最近は面白い発電方法もあり、牛の糞を使ってこれを発電するような仕組みが採用されています。
今まで牛の糞は肥料にはなっていましたが、それほど使い道はありませんでした。
しかしある研究により実は発電ができると言われており、これにより電気を作り自然な形で生活をすることができます。
とは言え、家庭内で牛を飼っている家庭はほとんどなく、たいていは牧場などで牛の富を集め、それを発酵させて発電するわけですので、その酪農家の電気の供給等で役に立つかもしれません。
一般的な方法ではありませんが、このような今までなかったような方法が見つけられると言うのは、ある意味素晴らしいことといえます。

風力発電なども魅力的

それ以外では、風力発電なども魅力的でしょう。
風力発電は、各家庭ではほとんど行うことができませんが、100メートル位の高さのある風車を使って発電するものです。
条件があり、まず人が住んでいないところに設置する事が重要です。
もしこれが風邪などで倒れた場合、大きな損害が生じるからです。
それとは別に、風がつよいところであることを条件にしなければいけません。
風力発電である以上、風が強くなければ意味がありません。
風が吹いていないところで風力発電を設置すると言う事は、太陽が一切当たらない日陰の場所に太陽光発電を設置するようなものです。
ただ、この風力発電にも問題があり、スペックに対してそこまで大きな力が使われていないことでしょう。
常に強風が吹いていれば良いですが、日本でそこまで強風が吹いている場所はほとんどなく、実際の能力の20%ぐらいしか利用できていないとも言われています。

まとめ

最近は、海洋の開発なども行われており、海の上に浅瀬の場所に風力発電があるケースも多くなりました。