アパートの買取と高く売る為のポイント

アパートはマンションや戸建てと同様に、新しくて状態の良い建物ほど高く売れる可能性があります。
しかし、ある程度築年数が経過していても、状態や周辺環境次第ではまだまだ魅力的な価格で手放せるチャンスが残ります。

 

仲介業者に任せて買い手を見つけてもらう

手放す方法はいくつか存在しますが、1つは仲介業者に任せて買い手を見つけてもらう手があります。
手数料は掛かるものの手間は省けますし、忙しくて買い手を探す時間がなくても探せるので、手間を掛けられない人に向いているといえます。
ただ、必ず高く売れるという保証はなく、一定期間の内に買い手が見つかるとも限りませんから、そこは仲介業者の弱点です。
老朽化が進んでいたり立地が微妙で最寄り駅から遠い環境だと、欲しがる人は少なくなるので買い手がつく可能性は遠のきます。
また業者によって実績や実力は様々ですから、確実に買い手が見つけられる相手を選ぶことが必要となります。
大手は知名度が高くある程度の信頼性を持っているので、そういう意味では相談先の有力な候補となるでしょう。
社員教育の質に期待できますし、複数の店舗で物件を紹介してもらえる可能性にも期待が持てます。
ところが、規模の大きい仲介業者だと営業マン1人が抱える案件の数が多いので、逆にあまり時間を掛けて紹介してもらえない恐れがあります。
地域に密着する比較的小さい仲介業者は、地元についてよく理解していますから、手放したい物件を欲しがる人が見つけやすいと考えられます。
周辺環境を含めて地域特性に理解がありますし、大手も知らない独自の情報を有していることも珍しくないので、大手に期待するのが難しい場合に頼りになります。
ただし、最新情報にやや疎い一面が存在したり、得意不得意が明確に現れることもありますから、地域密着型の仲介業者も大手と同様に一長一短です。

 

買取業者に依頼する

理想の仲介業者が見つからない、あるいは相談しても期待通りのサポートが得られない場合は、買取業者に依頼する手があります。
買取は、業者から直接的に査定を受けてアパートを売却できる方法なので、少しでも早く物件を手放したい時に便利です。
買い手を探す必要がありませんし、すぐに物件の査定結果が分かって価格に納得次第即手放せますから、スピードを重視するなら買取一択でしょう。
それでも、仲介業者に任せる場合と比べて価格が安くなる傾向で、業者ごとに査定結果の開きがある点は否定できないです。
手放すスピード重視であっても、予想を大幅に下回る価格での売却は納得できないことですし、むしろ損と感じるような売買は断るのが賢明です。
大切なアパートを少しでも高く売りたいのであれば、複数の買取業者に査定してもらって、好条件を提示した相手と交渉することをおすすめします。
査定が1社のみというのは、余程物件が新しいか自信がないと足元を見られてしまいます。
買取業者にしてみれば他にライバルがいないことを意味しますから、アパートを安く買って高く売ろうとするのは当然です。
反対にライバルが複数いる状況だと、業者は他の業者を警戒して、可能な限り好条件を提示しようとするインセンティブが働きます。

 

査定の依頼時に他社にも査定を依頼しているとさり気なく伝える

ここで高く売る為のポイントは、査定の依頼時に他社にも査定を依頼しているとさり気なく伝えることです。
勿論、魅力的な物件でなければ査定価格の上限は低く、買い叩かれるのと変わらない結果になるでしょう。
老朽化が見られるアパートは、査定前にリフォームすべきか悩みがちですが、基本的にリフォームは必要ないです。
リフォームしても査定価格が上がる保証はないですし、価格が上がらず赤字になってしまえば本末転倒です。
旧耐震基準に該当するアパートや事故物件だと、買取そのものを断られることがあります。
前者は修繕費用が発生するので、査定を受けることができても価格は低めに提示されるでしょう。
一方、後者は物件が新しくてもやはり査定価格は低くなりやすいので、手放せるだけまだマシです。
このような物件が高く売れるとしたら、修繕に強みを持っている再生事業に長けた業者を選び査定を受けることです。
当然ですが、手の施しようがないと判断されれば売買不可か二束三文の結果に至るので、いずれにしても大きく期待するのは難しいです。
あてはまる物件の耐震基準が現行で、激しい老朽化や劣化はなく事故物件でもなければ高く売ることができます。
住宅にしても車や家具家電にしても、人は欲しい物に惜しまずにお金を出す傾向があります。
売却益までを考える業者ならば、魅力的と思える物件には高値をつけて査定結果を提示するはずです。
つまり、欲しいと思ってもらえる業者を探して査定を受けることが、物件を高く手放す第一歩になるわけです。

参考→アパート買取相場

 

まとめ

同じ企業でも、査定の担当者によって異なる査定結果が出ることはあるので、担当者選びも重要だといえるでしょう。
入居率の高さ、住人の質は査定評価を押し上げる材料になりますから、この2つに自信があるなら査定時にアピールするのがおすすめです。
多少の欠陥はそれを上回る魅力があれば気になりませんが、これといった特徴もなく高く売れる自信がないなら、水回りなどの限定でリフォームするとアピールに役立ちます。