あん福祉会は精神疾患の人の自立を促す活動をしています

現在はストレス社会になっているため、統合失調症や双極性障害、うつ病などの精神疾患に罹る人が増加しています。
妄想や幻聴、抑うつ、イライラ、不安感などの症状で悩んでおり、精神科の病院で通院や入院をしている人が少なくありません。
精神科の病院やクリニックでは優れた抗うつ剤、抗不安薬、気分安定薬、抗精神病薬が開発されているので、長期入院をしていた人も退院が出来るようになっています。
職場や家庭、学校などに復帰をするためには、洗濯や料理、掃除などの家事が出来るようになったり、軽作業などの仕事をこなすことが大事です。

あん福祉会とは

あん福祉会は平成14年に設立されており、東京都小金井市本町三丁目にありますが、精神疾患のある人の社会復帰を促すための活動を行っています。
統合失調症や双極性障害、うつ病などの病気は、定期的に通院をして適切な治療を受けることで、病気の症状を抑えて良好な状態を保つことが可能です。
統合失調症や双極性障害はうつ病に比べると、回復するスピードが遅く多少の障害が残ることがあります。
現在は優れた医薬品が開発されているので、辛い症状を抑えることが出来ますし、カウンセリングや認知行動療法、作業療法、音楽療法などの治療を受けることで社会復帰が可能です。

精神疾患に関する知識や経験が豊富なスタッフが在籍

あん福祉会では精神疾患に関する知識や経験が豊富なスタッフが在籍をしており、精神疾患で悩んでいる人には時間を掛けて悩みや不安を聞いてくれます。
統合失調症は陰性症状と陽性症状が見られる病気ですが、抗精神病薬を服用することで陽性症状を抑えることが出来るのが特徴です。
陰性症状は気力が減退したり、表情が乏しくなる、活動力が低下するなどの症状が見られます。
同居している家族は甘えや怠けているなどと感じることもあり、誤解をされてしまうことが少なくありません。
あん福祉会では規則正しい生活を身に付けるために、早寝早起きの習慣を付けさせるようにしたり、病気が少し回復してくると軽作業の仕事をさせたり、デイケアなどに行くことを推奨しています。
うつ病や双極性障害などの病気は自分で病気の意識がありますが、統合失調症の場合は本人に病識が乏しいなどの特徴がみられることが多いです。
長期入院をしていた患者は日常の買い物や、洗濯、掃除、調理などの家事をスムーズにこなせないことがあります。
生活の質を上げていくためには、日常に欠かせない買い物や家事などをさせることが大事です。
無理のない程度、自分で出来る範囲の仕事や家事をさせることで、社会復帰を早めることが出来ます。

精神疾患のある人が地域で安心して暮らせるための活動を行っている

あん福祉会では精神疾患のある人が地域で安心して暮らせるための、活動を行っているのが特徴です。
うつ病や双極性障害、統合失調症などの病気は、病気の症状や重さによっては障害年金を受給することが出来ます。
入院は必要なくなり、通院による治療を受けるようになっても、働くのは難しいケースが少なくありません。
障害年金には1級と2級、3級などがありますが、症状の重さによっては受給出来る可能性があるので、病院や市役所などで相談をすると良いでしょう。
あん福祉会のスタッフは障害年金についても説明をしてくれるので、まずは気軽に相談をすることが大事です。
以前に比べると精神疾患に関する知識を持っている人が増えており、偏見を持っている人が減っています。
一部の人はまだ精神疾患に偏見を持っている場合があるので、精神疾患のある人が暮らしやすい取り組みをしなければなりません。

誰でも精神疾患に罹る可能性がある

職場や家庭、学校などでも人間関係や学業、仕事の悩みを持っており誰でも精神疾患に罹る可能性があります。
精神疾患に関する偏見や差別などを減らしていくために、様々な取り組みや活動を行っているのが特徴です。
精神疾患に罹ると内服薬やカウンセリングによる治療が中心になりますが、根気よく治療を受けることで社会復帰が可能になっています。
現在は精神障害のある人の雇用をしている会社が増えているので、就職に関する相談をしてみると良いでしょう。
通院や入院歴がある場合でも病気が良好な状態になっている場合は、会社で働くことが出来ます。
自分の体調や年齢、適性などに応じた職場を選んでおくことで、長期的に働くことが可能です。
就職や転職に関する悩みを持っている場合は、まずはスタッフに相談をすると良いでしょう。
あん福祉会は清潔で明るい雰囲気の内装やインテリアが特徴になっており、プライベートな悩みを相談しやすいです。
患者はもちろんですが、お世話をしている家族にも助言をしてくれるので安心出来ます。

まとめ

まだ設立をしてから歴史は浅いですが、精神疾患のある人の自立を促すための取り組みを行っているのが特徴です。
精神疾患は他の病気に比べると通院期間が長くなりがちなので、自立支援医療制度などを活用すると良いでしょう。
薬代や診察代などが1割負担になるので、通院に掛かる費用を抑えることが出来るので安心です。
精神疾患の人が暮らしやすい社会を作るための取り組みをしています。