純金積立のメリットやデメリットと注意点を把握しよう

純金積立とは投資方法の一つに当たりますが、実際にどのような投資なのか分からないという人は多いものです。
これから始めようというのであれば、メリットやデメリットを把握して、注意点も知っておく必要があるでしょう。

 

純金積立とは?

まず第一に純金積立とは、毎月一定金額のお金を積み立てることによって、少しずつ金を購入して行う金投資の方法です。
貴金属を扱う企業や証券会社などでも始めることができるでしょう。
近年ではネット銀行も参入してきているので、オンラインで手軽に始めることも可能です。

純金積立の特徴としてあげられることは、手間をかけることなく金投資ができることです。
金を購入し積み立てる場合には、会社に預ける形となるため、自分で保管をする必要もなく、また費用がかかることもありません。
金を現物で購入するとなった場合には、実物を保管する必要が出てきます。

中には投資をしている実感を得たいという理由などによって、手元に置いておく人も見られますが、その場合には場所が必要となります。
純金積立の場合には一度スタートすれば、自動的に毎月一定額が積み立てられていくことになるため、自分で手続きを行う手間も必要なく、また時間をかけずに行うことができるでしょう。

 

1000円という少額からでも積み立てが可能

仕事や日々の生活に時間を取られて、投資を始めたいけれどもなかなかできないという場合には、手軽に始められる投資方法の一つと言えます。
また1000円という少額からでも積み立てが可能なことも、一つの特徴です。
金額を決めると毎月その金額が口座から引き落とされて、その分だけ金を購入することになります。

多くの会社で最低積立価格は1000円から3000円ほどに設定されています。
純金積立のメリットとしてあげられることに、少額から投資が可能であることが挙げられます。

金の延べ棒を購入するタイプの現物投資と比べると、かなり少額での投資が可能といえます。
実物を購入するとなった場合には、500グラムから1キロ程度を購入するのが一般的なスタイルであり、この場合は年間に、1キロ当たり480万円もの大金が必要となります。

半分の500グラム以下で購入したいと思ったとしても、一般的に流通しているサイズではないので、金を加工する費用が必要となり、余計な費用がかかります。

 

平均的な購入コストが抑えられる

また現物を購入するとなると保管料がかかるので、この点でもコストを抑えることにつながります。
また続ければ続けるほどに、平均的な購入コストが抑えられるのも魅力的なメリットと言えます。

金の価格は毎日変動があるため、多くの人ができるだけ低い時に買いたいと思うことでしょう。
しかしこの予想は初心者はもちろんのこと、プロですら難しいものです。
積立の場合には、毎月一定額を購入し続けるスタイルで投資をするので、金の価格が下がっている場合には自動的に多めに購入できることになります。

反対に価格が上がっている場合には少なめに購入することになり、購入価格を平均化できることはうれしいポイントと言えるでしょう。
また場合によっては金の現物と交換することも可能です。
現物だけではなく、金貨やジュエリーなどとも交換することができ、後からどのように交換していくのかを選ぶことができます。

 

短期で高い売却益を出すことが難しい

反対にデメリットとしてあげられることは、短期で高い売却益を出すことが難しい点です。
取得コストを低くできるメリットがある半面で、短期間での売買で高い利益を生み出すことはなかなか難しいでしょう。

そして場合によっては損失が大きくなるケースがあることも覚えておきましょう。
金は安定しているとはいえ、購入した時よりも価格が下がってしまう可能性は大いに考えられます。
基本的に積み立て型の投資は長期にわたる投資であり、放置していたら知らない間に損をしてしまったということもあることを覚えておきましょう。

また一部の取扱い会社では年会費が必要となり、手数料が高いことがデメリットとなります。
通常では購入する際に一定の手数料がかかることになり、一つの企業を例に挙げると、年会費が864円、購入手数料は1000円当たり25円から30円がかかります。

手数料が高いと、その分実質的な利回りも少なくなってしまうことでしょう。
始める前には、手数料のコストも考えた上でシミュレーションを行うことが重要です。
これらを踏まえたうえで、純金積立が向いている人としては投資の初心者と言えます。

 

ゴールドリンクによるまとめ

一般的に投資と聞くと、株式投資やFXなどをイメージする人が多いかもしれませんが、これらは大きく損失を生み出す可能性が高くなります。
それに比べ金の場合には、安定性は比較的高いと言えるでしょう。
これまでにあまり投資を行った経験がない初心者が始めるには、比較的向いていると言えます。

そのほかにも少額で投資を行いたい人や、分散投資でリスクを回避したい人には向いています。
金融市場が不安定になった時に、逃避する場として選ばれることも多く、資産を分散させて安定を得ることが期待できます。

株式会社ゴールドリンク訴訟