京浜工業地帯の魅力って?

工業地帯といっても、普段そのあたりにお勤めしている方などはなじみ深いところでもあるでしょうが、それ以外の方にとってはあまり近づくこともなく、存在自体あまり意識したことがないかもしれません。
普通に生活していると足を運ぶことがない場所でもありますし、関係ない方にとっては一生意識することもないところでもあります。
もちろん小学生の時に学んだ経験がある方もいるはずですが、それを思い出す機会もないというのが現状でもあります。
大きな工場などは排気などに有害なものが含まれていることが考えられ、好んで近づく方は少ないでしょうから、なおさら縁遠いものになってしまいがちです。

人の多い東京や神奈川を中心に広がっている京浜工業地帯

こうした工業違いは各地にありますが、特に京浜工業地帯は人の多い東京や神奈川を中心に広がっている工業地帯であることから、ほかのところよりも知っている方は多いはずです。
特にそういった地域に住んでいる方はたまに思い出してみるのもよいでしょう。
最近はこうした工業地帯に魅力を感じている方も多く出てきています。
自分には関係のないものと思うのではなく、よいところにも目を向けていくことも必要になるといえます。
まずは私たちの生活を支えてくれているという点に目を向けてみましょう。
確かに近くで生活する分には音や廃棄などが気になることもあるかもしれません。
しかし、私たちの暮らしや命を守るうえで必要なものを生産したり、また、物流を支えたりすることによって、実はこうした工業地帯が私たちの生活にかかわっていることも多いものです。
こうした点を考えながら、よく使っている製品の工場がここにあるのか、と思いながら眺めてみるのも面白いかもしれません。
そうすることで意外と身近に感じられることも多いものです。
なかなか身近に思えないという方はこんな感じで考えながら工業地帯に興味を持ってみるのも楽しいでしょう。

工業地帯の魅力とは?

そうして工場の位置を知っておくことで、場合によっては仕事を探すときにも役立つことがあります。
大きな工場では人を雇い入れる数も多い可能性があります。
製造などに携わる方はもちろんですが、そこで人が働けばそれをサポートする事務職なども増えます。
また、人が多く集まることになりますから、周辺での商業も盛んとなっていくでしょう。
町全体が栄えていくきっかけになる場所でもあります。
どの様な方でも自分の仕事探しにかかわってくる場所であることは否定できません。
こうした点も工業地帯の魅力といえるでしょう。
人が少ない地域に作られることも多い工場なども、京浜工業地帯であれば人が多い場所にありますからより身近に感じやすくなるのです。
また、最近は景観の面でも非常に注目されるようになってきています。
きれいな景色を見るために観光をする方も多いですが、その観光の目的の一つとして京浜工業地帯も選ばれるようになってきているのです。
それほど面白みのない景色、あまりきれいでない景色のように思われがちですが、実はそうではなく魅力的な景色としてとらえられることも多くなります。
工場の建物や配管などが見えると、その細かさや動いている様子などに魅力を感じることもあるのです。
もともと工業に興味のある方はもちろんですが、そうでない方も普段見慣れていないけれど実は面白いものだったと感じることもあるようです。
海に面していて、運輸関係の大きなコンテナなどが積み上げられていたり、大きな建物や構造物があったりする特殊な風景はほかのところでは見る機会もないでしょう。
スケールの大きさが大きな魅力として映ることもあります。

夜景が綺麗

また、特に最近興味を持つ方が多いのが、夜景です。
夜景がきれいな場所というものは全国にいくつもありますが、単に綺麗というだけではなく、不思議な魅力を感じることも多いようです。
工場は夜も動いているところがあります。
そういったところはところどころにライトがついていたり、実際に動いている様子が見て取れることもあるのです。
キラキラと輝く夜景というだけではなく、生き物のようにも見える不思議な夜景なのです。
日中のようにすべてが見えているわけではないところがまた、工業地帯の魅力を増していくポイントとなっています。
京浜工業地帯は人が多い場所にあることも一つのポイントで、こういった夜景を見るためのツアーなども計画され、海から夜景を見るなど特殊な環境で楽しむこともできるようになっています。
気になっている方はぜひ、昼間の工場を見るだけではなく京浜工業地帯の夜景も楽しんでみてはいかがでしょうか。
一見嫌われがちな工業地帯ではありますが、私たちの生活を支えてくれる大切な場所であることは意識しておきたいものです。
実際に足を運んでみたり、眺めてみたりするのもよいでしょう。

まとめ

近くを通りかかる方は通勤や通学などの際に眺めてみるのも楽しいかもしれません。
自分なりの魅力を見つけてみるようにするとより楽しめるようになるはずです。

 

京浜工業地帯を作った浅野総一郎ってどんな人物?
・・・浅野総一郎 逮捕