教えてキーマン!一般住宅において耐震性をより一層アップさせるための方法

株式会社キーマンにまずは相談!

一般的な戸建て住宅に住んでいて、尚且つ持ち家の人のケースでは耐震性について心配に感じてしまうことが多いでしょう。
現在では耐震基準というものが強化されているので、大きな地震が発生してしまっても、ある程度の被害を避けることは不可能とは言えませんが、それでも予想外の大型地震が起きてしまった場合では、住宅が崩壊してしまうことも心配されます。

この状態を解決するには、既に建てられている住宅を強化することが必要とされています。
より一層強化するための方法は用意されていて、耐震性を計測する株式会社キーマンなどの専門会社にまずは相談することが良い方法でしょう。

専門会社では特殊な方法で住宅の弱い場所などを測定することを可能にしていて、会社によっては単に測定するだけではなく、強化するための施工を行っている会社もあるので、このような場合では専門的な知識を持って改善させることができます。

数々の手段というものがありますが、戸建て住宅の場合ではまずは屋根の軽量化を行う方法も注目されています。
古い家屋の場合では瓦屋根を使っている場合も多いものですが、スレート屋根や金属屋根に変更する方法で随分と軽量化することが可能です。

軽量化に成功できた場合では住宅に負担を掛けない屋根にすることができるので、地震対策に繋がる傾向にあります。

外壁を強化する

次に外壁を見直すことも良い方法です。
外壁の厚みが薄いと感じている住宅のケースでは、コンクリートやモルタルなどを使って外壁に厚みを持たせることも不可能ではありません。
外壁を強化する方法で耐震性をより一層強化することができるので、施工後については多くのケースで安心して生活できる住宅に仕上げることができます。

外壁に関しては筋交いを利用する方法も一般的に行われています。
木造住宅であってもRC住宅であっても壁の内部や壁の外側に筋交いを強化して設置する方法で揺れに対してかなりの強度を持たせることに成功できます。

筋交いに関しては横揺れや縦揺れの両方に効果のある資材が用意されているので、どのような住宅でも簡単に強化できる方法です。
木造住宅の場合では柱や梁の状態をチェックすることも欠かせません。
接合部分から地震によって崩れてしまう可能性が十分にあるものと判断できるので、地震に強い住宅にするには金属製の金具を設置する方法があります。

金属製の金具に関しては、柱や梁の接合部分を十分にネジ打ちして固定する方法になるので、揺れが発生してしまった際にも崩壊しにくい住宅に仕上げることができるでしょう。

コンクリートを流し込んで住宅を地面に固定する

他にも住宅周辺に施工可能な内容もあります。
例えばエクステリア注目することもでき、住宅の周囲にコンクリートを流し込んで、住宅を地面に固定する方法も用意されています。

この方法については意外と簡単に施工することができ、5センチ以上のコンクリートの層を作り出すことにより、地震被害に強い住宅へと変えることが可能です。

床下に対して施工できる内容もあります。
古い年代に建てられた住宅の場合では床下をチェックしてみると、地面の土が見えている状態の住宅も多いものです。
この状態では地震対策を十分に行うことができないので、地面に対してコンクリートを流し込む内容で、耐震性をアップさせられる可能性も出てきます。

既存の住宅をリフォームによって強化することは十分に可能ですが、これから住宅を建てることを検討している人のケースでは、やはり最初から地震対策を施している住宅を選択することが良い方法でしょう。
現在では様々な工務店やハウスメーカーから十分な耐震性を持たせた住宅の建築を得意としている住宅が販売されているので、地震に対して不安に感じてしまうケースでは、このような会社を利用して家を建てることで安心できます。

地震保険にも加入しておく

数多くの新しい住宅資材が次々に発表されている現在になるので、新築住宅を建てる際にはこの内容について十分に調べてから会社選びを行うことにより、後に不安を感じてしまったり、失敗に感じてしまうことが無くなります。

一般住宅のケースでは損害が起きてしまった際には持ち主が全ての負担を強いられてしまうことになるので非常に重要な内容として考える必要があります。
現在では地震保険などもメジャーになっているので、このタイプの保険にも加入しておくこともおすすめです。

細かい部分では実際に大地震が発生してしまった際には、窓ガラスが割れてしまい破片が飛散してしまうことも決して珍しいことではありません。
そのため窓ガラスを強化しておくことも一つの方法です。

一般的に販売されている強化ガラスで十分に対応することができますが、住宅において比較的大きなサイズの窓ガラスを用いているような場所では網入りタイプなどを利用してみることも良い手段になります。

室内に設置している家具類で比較的背の高いものがあれば、随時壁と金具を用いて固定させておく方法でも地震対策を行うことができるので、細かな点にまで配慮することも大切なことでしょう。

 

ニュース トピックス

木造アパート耐震化進まず 熊本地震、倒壊で東海大生死亡