携帯電話と法人携帯に関すること

我々の生活において欠かせないものをあげるとしたら、お金という人もいるでしょう。
確かにお金は生活の上で必要不可欠です。
お金がなければ住まいを借りたり、水道光熱費を振り込むこともできません。
また人間の生活の基本である食事の食材を購入することもできません。
しかし現代ではお金と同等、もしくはそれ以上に生活に欠かすことができないものがあるのです。
それが携帯電話、スマートフォンといえるでしょう。

携帯電話が情報収集の手段

現代ではもはや携帯電話が情報収集の手段となってます。
どんなことでもスマートホンで検索すれば瞬時に得られます。
形態があれば、テレビもパソコンも新聞も必要ありません。
そして携帯電話、スマートフォンはお金と同等の役割を果たします。
携帯電話で電子決済やチャージをすることができるからです。
もはや携帯があれば財布も現金も必要ありません。
このように現代時に欠かすことのできない最たるものである携帯電話は、ビジネスマンにとっても必要不可欠です。

法人携帯のプランや料金

サラリーマンの多くは携帯片手に仕事をこなすようになっています。
商談やメールのやり取り、タブレット端末での商品案内やプレゼンテーションなど、携帯電話はビジネスシーンでも大きく活躍してくれます。
そして使用頻度も非常に高くなっており、オフィス内の固定電話を撤去する企業も増えています。
そこで企業にとって重要になるのが、法人携帯のプランや料金だといえるでしょう。
固定電話よりもコストがかかったり、通話料が高いと企業経営上問題です。
そこで法人携帯を契約するときは、携帯電話のどの機能を社員が最も活用しているかをリサーチしたうえで契約することが大事です。

携帯各社それぞれに強みがある

携帯各社それぞれに強みがあり、メリットがあります。
通話料が24時間無料であったり、24時間ネット利用できるといった魅力的プランもあります。
また余ったデータを繰り越して、社員間同士で利用できるといったプランも存在します。
通話料は無料にならないものの、基本料金が格安な携帯電話会社もあります。
社員の携帯電話の通話時間、パケット使用料、毎月のデータ残量などをエクセル等の表にまとめて検証し、どれが最も使う機能か、どの機能のコストがかかっているのかを把握することが大事です。

まとめ

そのデータをもとに携帯各社とのプランを照らし合わせてみて、契約し活用するとよいといえるでしょう。
通話だけしか使わないといった場合には、むしろガラケーを契約するほうがお得な場合もあります。

 

関連リンク
法人携帯テレニシドットビズ